メビウス|つくば|美容室

一応、元高校球児が高校野球を見に行った話!

こんにちは(^^♪

高校野球はいつもチェックを怠らない藤岡です!

先日、茨城県大会の決勝を観に行ってきました☆彡

image

天気はなんとかもってくれて曇りでした!

常総学院 VS 明秀日立

の決勝のカード!

両チームにはプロ注目選手がいるので、

決勝のカードにふさわしいです(^^♪3

image

 

image

2回裏、先制点を入れた常総学院が逃げ切り勝ち!

投手線となったこの試合、

プロ注目の鈴木のピッチングがホントによかった!

image

image

 

 

image

image

image

image

1-0 で常総の勝ち!

名門は強いです!

 

「昭汰かえそう」決勝打 常総学院・有村恒汰選手(3年)

「まさかこの場面で走るとは」

二回2死一塁。打席に立っていた有村恒汰(3年)は驚きを隠せなかった。一塁走者のエース鈴木昭汰(3年)がサインなしに走り出した。鈴木の二盗は、有村にとって良い刺激になった。「ヒットを打ってくれると信じてくれていたのかなと。昭汰をかえそう」

カウント2―1からの4球目。外角の直球を振り抜き、打球は右翼手の頭を越え適時二塁打となった。相手投手が2球連続で投じた変化球がボールになっていた。有村は直球で押してくるスタイルの相手に「そろそろ直球を投げる」。その冷静な分析が見事に的中した。

もともと、勝負強さには定評があった。今春の県大会決勝で適時二塁打を放ち、サヨナラ勝ちを演出。試合後、「好機には強いと思います」と自信をみせた。

だが、茨城大会は極度の不振にあえいでいた。「打ちたい気持ちが先行し過ぎていた」。準決勝までの5試合で、15打数2安打、打率1割3分3厘と惨憺(さんたん)たる成績。2番が定位置だったが、監督が「気楽にやらせよう」と7番に置いた。

2番打者の時はチャンスを作ったり、広げたりする打撃を意識する必要があった。だが、7番打者としての出場が続くことで、意識が変わってきた。「ランナーがたまった好機で打てる」。持ち前の思い切った打撃が戻ってきた。

次の舞台は甲子園だ。春の選抜大会は初戦の鹿児島実業戦で4打数無安打。2点を追う六回裏二死満塁の好機で凡退。「春の借りを返しに行く」。以来、練習でも常に「甲子園」を意識して取り組み、仲間同士で反省点を出し合ってきた。切れ目ない打線が自慢の常総学院に、存在感のある選手が戻ってきた。

 

こんな談話もあったそうです(^^♪

 

やっぱり高校野球は本当に素晴らしい!

ホントに素晴らしい!

いいドラマがありました!

 

藤岡の母校 中越高校 も2年連続の甲子園を決めてくれました☆彡

http://www.asahi.com/koshien/niigata/

嬉しいです(^^♪

こうみえても、一応、一応、名もなき、高校球児です(^^♪

 

スマホ甲子園の試合のライブ中継みられるので、

チェックしていきたいと思います—-

 

藤岡でしたー!!!

 

ご予約・ご相談はこちらから

Tel 029-863-0260

平日 AM9:00-PM7:00 日曜 AM9:00-PM6:00 火曜 CLOSED

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Archive

oldblog
topへ戻る